30代ニートが独立起業を目指す奮闘記

自由に生きて社会貢献したい

生き方 読書

上手な文章を書くのに必要なのは、たくさん読んでたくさん書くこと

投稿日:

日々の生活の中で、文章を書くこと…皆さんはどのくらいありますか?

学生ならいざしらず、社会人になると、文章能力を要求されない職種もあります。
そういった意味では、日常生活において文章を書く”習慣”も”必要性”もない人は、一定数存在します。

それはそれで、いいのかもしれません。

しかし、書くという行為は、思考を研ぎすませる効果があります。
これは、アメリカのベストセラー作家であるスティーブン・キングの言葉ですが、彼は書くことについて、以下のようにも述べています。

「作家になりたいのなら絶対にしなければならないことが2つある。たくさん読み、たくさん書くことだ。私の知る限り、そのかわりになるものはないし、近道もない」

私は、現時点で作家は目指していません。
しかし、「良質なアウトプットが出来る情報発信者になりなりたい!」とは、思っています。
それが、自己成長と他者への貢献につながると思うからです。(現時点で私はまだまだです)

文章を書くことだけが全てではありません。
でも、たくさん読んで(インプット)たくさん書く(アウトプット)ことは、思考力を鍛える手段のとして有益です。

まだまだ乱雑ですが、良質なアウトプットが出来る情報発信者になるために、積極的に情報を仕入れて(インプット)ブログに毎日書く(アウトプット)ことを習慣にします。(毎日投稿は今日でまだ19日目)

今回は、樺沢紫苑先生の「アウトプット大全」「読んだら忘れない読書術」を参考図書としました。

本日もお読み頂きありがとうございます。

-生き方, 読書
-, , , ,

Copyright© 自由に生きて社会貢献したい , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。