30代ニートが独立起業を目指す奮闘記

自由に生きて社会貢献したい

日常 読書 起業

打ち明けることは勇気がいるけど、結果的に人間関係は深まる

投稿日:

仕事でもプライベートでも、日々の生活の中で、相手に言いにくい「自分の本心」って、ありませんか?
潜在的な事も含め、多くの人が抱えていると思います。

日本人は、そういったことを「打ち明ける」よりか、「我慢する」「耐え忍ぶ」人の方が相対的に多いですよね。

そんな気質からか、「気打ち明けることを良しとしない」考えの人もいます。

サラリーマンでも、そういう方は多いと思いのでは?
本心では違和感や疑問符を抱いていても、「会社の方針だから!」とか、「上司の指示だから!」なんてことで、気づいたら(あえて悪い意味で)組織の犬になっていたり。。。

実際、ある部分で、過去の私がそうだったかもしれません。
だから、若くして昇進できちゃったの?(完全に蛇足)

でも、昨秋以降に起業(過去の記事で何度も書いています)を意識するようになりました。
今年の正月、手帳に未来年表を書いていたのですが、そこにもちゃんと書いてあります。

“福島で”というのは、現在は未確定ですが、起業に向けて情報収集を進めていく過程で、自分の思考やマインドが明らかに変化しました。
5月頃を境に、そういった自分の思考やマインドの変化が、ある種の“職場全体の空気感”と衝突。
明らかな齟齬を感じるようになりました。

職場の中だけの話ですが、少しづつ自分の本心が「言いずらい」→「言えない」→「言いたくない」まで深刻化。

その他の些細なストレスも重なったせいか、職場の人間とは、まともなコミュニケーションを取るのが困難な状況になってしましました。
※お世話になっているお客様とは、いつも通りにコミュニケーション取れてるけどね!

結果的に、メンタル崩すという想定外の経験(!)


でも昨日今日で、気づいたことがあります。
大きなイベントの宴席で、当ブログを読んでくれているお客様数人から、お声がけいただきました。
否定的なフィードバックなく、以前よりも親近感のある態度や表情で、話をしてくれました。
なんとなく安心もしたし、嬉しさも感じた。

ブログ媒体ではあるけど、「発信はしてみるもんだなぁ」と、改めて思いました。

自分の本音を打ち明けることは、結果的に人間関係を深め、コミュニケーションを深めていく重要な意味を持つ。
アウトプット大全の96Pにも書かれている事ですが、改めてそれを実感できたひと時でした。

ということで、このブログのFacebook経由の公開範囲を、また少しだけ広めました。

読まれるかわかりませんが、Nさん!心配かけてすいません!
鬱々しいのは、職場の中だけのことです!
でも、昨日今日といろんな人と話を出来て、いい意味で開き直ることができました。
来週からは、以前の私に戻ります。(戻れなかったら、今後はちゃんと病院行きますね笑)

本日もお読みいただきありがとうございます。

-日常, 読書, 起業
-, ,

Copyright© 自由に生きて社会貢献したい , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。